2014年03月12日

5月の公演を前に、ヤン・リーピンと、彼女の姪である15歳のダンサー、ツァイー・チーが出席した制作発表記者会見レポート!

 中国を代表する舞踊家として知られるヤン・リーピン。日本でも、中国少数民族に伝わる歌と踊りを舞台に乗せた「シャングリラ」「クラナゾ」で公演を行ない、話題を呼んだ。孔雀の舞の踊り手として一世を風靡してきた彼女が、その舞踊人生の集大成として送る作品が、2012年に発表された「ヤン・リーピン 孔雀」である。自身が芸術総監督・構成・主演を務め、美術総監督/衣裳デザインには、映画「グリーン・デスティニー」でアカデミー賞最優秀美術デザイン賞を受賞したティム・イップを起用している。

 
続きを読む
2014-03-12 12:45 この記事だけ表示

2014年02月19日

舞踊評論家・鈴木晶が語る、ヤン・リーピン『孔雀』の魅力

ヤン・リーピンといえば「孔雀の舞」。彼女は「中国の至宝」「奇跡の舞」と言われるが、それが決して誇張でないことは、彼女の舞を一度でも生で観ればわかるはずだ。腕から指先までを細かく震わせる彼女を観ているうちに、孔雀の長い首に見えてくる。でも、たんなる形態模写ではない。なんとも霊感にみちた舞だ。彼女の指先は宇宙と繋がっている。

 
続きを読む
2014-02-19 18:51 この記事だけ表示

2014年01月30日

“踊る精霊”ヤン・リーピン、3年ぶりの来日。原点にして代表作「孔雀の舞」の決定版!

ヤン・リーピン、ここに極まる。
中国の至宝と称される舞踊家ヤン・リーピンが、持てるすべてを惜しみなく形にした最高傑作、いよいよ来日!

もう封印されたと誰もが思っていたヤン・リーピンの孔雀の舞。日本でも『シャングリラ』や『ヤン・リーピンの“クラナゾ”』の中で披露され、観た人の心を鷲掴みにした奇跡の舞が、今回、これまでのどの作品よりもたっぷりと、そしてスケールアップして披露される。
しかもうれしいことに、ソロ、デュエット、トリプル、群舞などあらゆるタイプのヤン・リーピンの舞踊が、かつてないボリュームで堪能できるという豪華さ。
ヤン・リーピンがすべてを注ぎ込んだこの集大成は、決して見逃せない!

 
続きを読む
2014-01-30 14:41 この記事だけ表示

2013年02月01日

世界で最も熱い舞踊団が来日!本日より、渋谷のオーチャードホールにて待ちに待った、スペイン国立バレエ団公演が始まる!

初日に先立ち、リハーサルが記者団に公開された。幕が開くまでの短い時間でも本番さながらに熱演。
新芸術監督となったアントニオ・ナハーロが丁寧に全体と個人の演技をチェックしていく。

 
続きを読む
2013-02-01 19:25 この記事だけ表示