2015年05月29日

金森穣、新シリーズ開始に向けて大いに語る!Noism1が2015年6〜7月、近代童話劇シリーズvol.1『箱入り娘』を上演!!

 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館の劇場付き舞踊団Noism(ノイズム)が意欲的に活動を展開中。2015年6月〜7月、メインカンパニーNoism1が、りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館、KAAT神奈川芸術劇場、金沢21世紀美術館にて近代童話劇シリーズvol.1『箱入り娘』を上演する。芸術監督で演出・振付を手がける金森穣に意気込みを聞いた!

 
続きを読む
2015-05-29 16:35 この記事だけ表示

2014年01月31日

新時代のダンスエンターテインメント!世界が認めるDAZZLEが新作『二重ノ裁ク者』を上演。長谷川達也(主宰・演出)と飯塚浩一郎(脚本)に意気込みを聞いた!!

 ストリートダンスとコンテンポラリーダンスを融合した斬新なスタイルによって世界各地の演劇祭でも絶賛を浴びるDAZZLE(ダズル)。メンバーは男性のみでパワフルなダンスを持ち味とする。物語性や映画、アニメ、ゲームなど多様な要素を織り込んだハイブリッドなダンスエンターテインメントとして注目は日増しに高まるばかり。2月14日-16日、東京芸術劇場プレイハウスにて第八回公演『二重ノ裁ク者』を行なう。待望の新作上演を前に主宰・演出の長谷川達也&脚本を手がける飯塚浩一郎が意気込みを語った!

 
続きを読む
2014-01-31 11:03 この記事だけ表示

2014年01月10日

1月24、25日KAAT神奈川芸術劇場にて上演されるNoism1『PLAY 2 PLAY−干渉する次元』(改訂版再演)の演出振付を手掛ける金森穣(Noism芸術監督)に意気込みを聞いた!

 Noism(ノイズム)は2004年にりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館の劇場付き舞踊団として発足。10代で渡欧し世界的巨匠ベジャール、キリアンに師事し第一線で活躍した金森穣(当時29歳)が芸術監督に就いた。真にプロフェッショナルなカンパニーとしてダンスシーンに風穴を開け早10年――内外で精力的に活躍する。金森にNoismの10年、最新公演『PLAY 2 PLAY−干渉する次元』について話を聞いた。

 
続きを読む
2014-01-10 11:51 この記事だけ表示

2013年11月25日

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『KONTAKTHOF−コンタクトホーフ』公演の見どころをご紹介


©Laszlo Szito

彩の国さいたま芸術劇場情報誌『埼玉アーツシアター通信』 No.48よりご紹介いたします。

続きを読む
2013-11-25 15:32 この記事だけ表示

2013年10月03日

dancetoday2013 『関かおり 新作』『島地保武+酒井はな <アルトノイ>新作』その見どころとインタビュー

  彩の国さいたま芸術劇場情報誌『埼玉アーツシアター通信』 2013年9月発行号よりご紹介いたします。
・「関かおりの香り」 石井達朗(舞踊評論家)
・「島地保武+酒井はな インタビュー」 村山久美子(舞踊史家・評論家)

続きを読む
2013-10-03 15:08 この記事だけ表示

2013年05月29日

マシュー・ボーン振付の問題作『ドリアン・グレイ』、日英の美しきダンサー競演も話題の記者会見をレポート!

 男性ダンサーのみによる『白鳥の湖』で世界にその名を轟かせた英国の振付家、マシュー・ボーン。彼がオスカー・ワイルドのゴシック小説『ドリアン・グレイの肖像』を現代に置き換えたダンス作品を発表したのが2008年のこと。「いつまでも美しくいたい」という願望にとりつかれていく美青年ドリアン・グレイの姿を耽美的に、過激に、そしてセクシーに描いたこの衝撃作は大きな話題となった。その『ドリアン・グレイ』の日本公演がこの夏、ようやく実現する! しかもオリジナル版でタイトルロールを演じたリチャード・ウィンザーがUKキャスト版として出演すると同時に、Wキャストとなる日本人キャスト版には大貫勇輔が抜擢された。こうして日本人キャスト、スタッフと共に作品をつくるのはマシュー・ボーンにとっても初めての試みだ。5月某日、リチャード・ウィンザーが緊急来日し、大貫勇輔とともに記者会見に参加した。

続きを読む
2013-05-29 15:03 この記事だけ表示

2013年05月24日

『シレンシオ』作・演出の小野寺修二、バレエ・ダンサー首藤康之、女優 原田知世にインタビュー!

  マイムをベースに、身体表現の可能性を探る舞台を創作、また名だたる演出家の作品において振付やステージングを手がけるなど多角的に活動中の小野寺修二。バレエ・ダンサー首藤康之と初めて組んだ「空白に落ちた男」(2008年)は話題を呼び、2010年にも再演されるなど好評を博した。このたび、女優の原田知世も新たに参加し、“沈黙・静寂”を意味する「シレンシオ」なる作品が上演される。三人に話を聞いた。

続きを読む
2013-05-24 14:20 この記事だけ表示