2013年12月04日

熊川哲也が贈る最高のクリスマスプレゼントWinter2013 「くるみ割り人形」赤坂Sacasバージョンの見どころをご紹介!


バレエ史上空前!芸術監督・熊川哲也が贈るファンタジー超大作「くるみ割り人形」

 現代バレエ界屈指の演出家・熊川哲也が2005年に生んだグランド・バレエの超大作『くるみ割り人形』が今年も赤坂にやって来る!
クリスマス・シーズンを飾る風物詩として根強い人気を誇る本作はKバレエ カンパニーが誇る多彩なダンサーたちの競演も大きな話題だ。
“赤坂サカスバージョン”として6年目を迎える今回は浅川紫織、宮尾俊太郎、遅沢佑介を筆頭に、新星キャストも続々登場!そして、劇場に一歩足を踏み入れれば、そこは限りなく美しい夢の世界。
ぐんぐんと巨大化するツリー、人形たちとねずみ軍団との大戦争、神秘的な雪の国への旅、そして人形国の住人たちが織りなす眼にも鮮やかな踊りの数々――赤坂ACTシアターの空間をフルに生かした臨場感あふれる演出のもと、豪華絢爛な装置が魔法のように転換する舞台はまさに理想のファンタジー。しばし日常を忘れ、少女クララとともに時空を超えた愛と冒険の旅へいざ!

熊川版『くるみ割り人形』とは?

演出・振付:熊川哲也
原振付:レフ・イワーノフ/オリジナル台本:マリウス・プティパ
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
舞台美術・衣裳:ヨランダ・ソナベンド/レズリー・トラヴァース
照明:足立 恒

『くるみ割り人形』は世界中で最も幅広い世代に愛されているグランド・バレエである(1892年、マリインスキー劇場初演)。2005年、熊川哲也は自らの全幕プロダクション第6作としてこれを発表。熊川ならではの卓越したイマジネーションをフルに生かしたこの超大作は、バレエ界の常識を覆す壮大なスケールと比類ない完成度を実現し、観客をかつてない夢とファンタジーの旅へと導いた。

E.T.A.ホフマンの「くるみ割り人形とねずみの王様」という原作に立ち戻ることにより熊川が構築したのは、人間界と人形の国という二つの世界を行き交う、時空を超えたストーリー。そこではこれまでバレエでは描かれることのなかった物語の<真実>が、巧みな手法によって観客にある種のリアリティを与えながら提示されてゆく。物語の発端を示すのは、ねずみに姿を変えられた人形の国のマリー姫。ねずみ王によって国全体にかけられた呪いを解くには、純粋無垢な心を持つ少女に世界一硬いクラカトゥクくるみを割ってもらわなくてはならない。人形国の王から指令を受けたドロッセルマイヤーは、少女を探しに人間界へ……。プロローグで展開されるこの悲劇的な出来事のいきさつは、選ばれし少女クララがのちに夢の世界へと足を踏み入れる理由を瞬時にして教えてくれる。続く第1幕では、クララの純真さを随所で描き出すなか、彼女こそ国を救う少女とターゲットに定めたドロッセルマイヤーが人形劇でマリー姫の身に起こった悲劇を伝え、これから待ち受ける冒険を示唆してゆく。そしてクララを取り巻く現実の世界と、ドロッセルマイヤーを通して見え隠れする夢の世界――その二つの世界のエピソードが各所で響き合う緻密な演出に引き込まれるうち、「時」を象徴する大きな振り子時計を媒介に非日常への扉は開かれるのだ。

幻想の世界への転換はこのバレエの最高の見どころの一つだが、熊川は英国屈指の美術家ヨランダ・ソナベンドが得意とする神秘性を駆使し、圧倒的なスケール感と豪華さでこれを具現化した。この物語が単なるまやかしではない真のファンタジーであることをより一層際立たせるこの場面で、客席から沸き起こる感嘆の声は上演を重ねる今も変わることがない。さらに人形の国の入り口で繰り広げられる人形たちとねずみたちとの大がかりな戦争、冒険の決意を固めたクララが訪れる美しい雪の国への旅、そしてついにくるみが割られ、幸福を取り戻した人形国で過ごす喜びのひとときに織り成す色鮮やかな舞踊の数々――。そのめくるめく展開はこの上ない夢を観客に与え、深い余韻を胸に刻むことになる。『くるみ割り人形』というバレエの未知なる魅力を解き明かし、総合芸術の極みを尽くしたこのグランド・バレエこそは、まさに演出家・熊川哲也の才能の集積といえるだろう。なおこの舞台の成功により、Kバレエ カンパニーは第5回朝日舞台芸術賞受賞を果たした。 そして、今やクリスマス・シーズンを彩る決定的名作として揺るぎない評価を誇るこの熊川版『くるみ割り人形』の魅力を、臨場感あふれる舞台で堪能できるのが<赤坂Sacasバージョン>。赤坂ACTシアターという劇場空間の特性を存分に生かした演出、Kバレエの芸術性の象徴ともいえる世界最高峰の舞台美術の素晴らしさ、そしてカンパニーが誇るスターたちの豪華競演……etc.、舞台と客席が一体となって楽しめる、愛と夢にあふれたこの極上のファンタジーをぜひお見逃しなく!

公演概要

Winter2013 「くるみ割り人形」赤坂Sacasバージョン

<公演日程>
2013/12/21(土)〜12/26(木) 赤坂ACTシアター (東京都)

<キャスト&スタッフ>
<21(土)12:30>神戸里奈/宮尾俊太郎/S.キャシディ/荒蒔礼子/白石あゆ美/池本祥真
<21(土)16:30>浅川紫織/遅沢佑介/S.キャシディ/荒蒔礼子/井上とも美/石橋奨也
<22(日)12:30>佐々部佳代/池本祥真/杉野慧/河合有里子/中村春奈/遅沢佑介
<22(日)16:30>日向智子/伊坂文月/N.ヴィユウジャーニン/神戸里奈/白石あゆ美/池本祥真
<23(月・祝)>神戸里奈/宮尾俊太郎/S.キャシディ/荒蒔礼子/白石あゆ美/池本祥真
<24(火)12:30>日向智子/伊坂文月/N.ヴィユウジャーニン/神戸里奈/中村春奈/遅沢佑介
<24(火)16:30>佐々部佳代/池本祥真/杉野慧/河合有里子/井上とも美/石橋奨也
<25(水)>浅川紫織/遅沢佑介/S.キャシディ/荒蒔礼子/白石あゆ美/池本祥真
<26(木)>神戸里奈/宮尾俊太郎/S.キャシディ/荒蒔礼子/井上とも美/石橋奨也
演出・振付:熊川哲也
※全ての公演、熊川哲也の出演はありません。公演日により出演者が異なります。
※出演者の病気や怪我等、やむを得ない事情で変更となる場合があります。
最新キャストはwww.k-ballet.co.jpでご確認下さい。

2013-12-04 12:42 この記事だけ表示